2009_01
13
(Tue)20:41

温度を下げられる→私が走って上げにいく→また下げられる…(エンドレスな戦い)

午前中、ちょっとの時間だけど吹雪いててビックリした~。
誰かの「あっ、雪!」って声がしたから窓を見たら、
外が真っ白だったもん。
そりゃあ、寒いはずだわ。
暖房はMAXの30度設定だったけど全然暖かくない~。
みんなが寒がってるのに1人だけ暑がりな人がいて、
エアコンの前を通るたびに設定温度を下げてくんだよ!
ボタンをスゴイ連打してるから、いなくなった後に見にいったら
10度も下げられてた!!
自分が暑いからってそこまで下げないでよー。
その人はメチャクチャ太ってる人だから暑いんだろうな。
病的な太さの人なんだよ。
エアコンの温度を下げる前に自分がもう少し痩せろと言いたい。
どうみても、100㌔は余裕で超えてるでしょ?って太さなのです。
太りすぎのせいで突発的に寝ちゃう病気らしくて、
仕事中もよく寝てるんだよね…。
太ってるからしょうがないじゃなくて、頑張って痩せようよ。
でも、飲み会の時も人一倍食べてるしな…。
その人と同じテーブルになると食べるものがこっちに回ってこないので
みんな嫌がってるよ。
痩せる気が全然ないんだろうな。
このままじゃ寿命を縮めると思うのに。
スポンサーサイト

COMMENT 0